--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/13/2009    ごめんね・・・
昨日のことです。
外ではワンワン隊ですが、家では意外と静かなんです。なのに寝ていたら明け方
あっちの部屋から「ワンワン」吠えてる 寝ぼけて起きていったら タラたんがなんにもないのに
吠えてる

???カバン?とっさに中見たら チョコレート!そこに入っていたこと忘れていたチョコレートが見えたと思ったら幻覚? ない!包み紙もとっさに拾ったと思うのですが、そんなになかった
75gのチョコレートバーがないんです タラたんの口みたら汚れてるし 甘い匂いが・・・

パニックになって、朝はやいのに慌ててかかりつけの病院の先生へ電話 何回目かのコールで先生出てくれたんです。

私「タラたんがチョコレート食べてしまったんです。75g」
先生「えっ?食べちゃったんですか それは致死量超えてる」
私「どうしよう どうにかなりませんか?」
先生「チョコレートは、食べてしまったらどうしようもない 解毒剤もないんです」
この後何喋ったかはっきり覚えてないけど、「なんとか なんとかしてください!」って言ってたと思います。
心臓の薬を大量に飲んでしまった状態だそうです。中毒症状でたら 小さいタラたん 12時間以内で危ない
先生が点滴しましょう 点滴で中毒の元を薄くする?はやく出すようにしましょう
病院お休みでしたが、先生は夜中に緊急手術をしていて病院にいたので、すぐに連れて行っていいということで、慌てて3ワン抱えて病院へ走りました

家でしていたおしっこもタラたんのだとしたらうん○も、いつも通りで 血尿 血便ではなく、下痢も嘔吐もしていなく、病院に着いた時の様子も、病院の中 うろうろ?いつも通り
ぐったりしているわけでもなかったのですが、今変わりなくても急に倒れてそのまま・・・ということがあるそうなんです。
でもワンワンしていたのが、きっと興奮状態だったんだと思います。

病院は入院している子がいっぱいで空きのケージがなく先生が診察室にケージを組み立ててくれて、点滴の針を入れるときに、暴れたタラたん 
まず利尿剤を何本か打って そして点滴が始まりました。
「ここから出せぇ?」って、訴えるので外から手を入れて顔撫でていたらおとなしくなったタラたん
でもずっと側にいると「出して?」って興奮するので、「ココを暗くして寝かせましょう 明け方食べたとして夕方まで点滴して様子を見るので 6時 7時くらいにお迎えに来てもらうようにして、それまで預かります」と でもその時タラたんはどうなっているの
(今これを書いていても、身体が震える)

帰ってからも、オイオイ泣いて 私の責任 私が悪い「タラたんごめん」「ミルちんごめん」「ろくんごめん」 泣いて ほうけて 泣いて ほうけて その様子にミルちんもろくんも不安だったのか、ピッタリ私の側から離れず
ハタッっと!トイレ掃除したらいいことがあると言ってた!と、トイレ掃除しまくりました。
いろんなものに祈り、生まれて初めてお百度参りました。ミルちんもろくんもグルグル参りました。

ネットでチョコレート中毒調べたら、1?の子で20g?40gで致死量 小型犬でミルクチョコレート1枚45g食べたら深刻ですと・・私でも一度に全部食べられない量 75g 1.9?のタラたん  もう絶望的だと・・・ 

お友達に電話して、オイオイ泣いてる私に 「タラたんがんばってるから、大丈夫だから 信じて!」って・・・ ありがとう

時計と電話を見つめて、恐くて恐くて長い長い時間 

4時に先生から電話が・・・6時?7時まで様子を見るって言ってたのに、先生がお昼から1時間半くらいどうしても出かけないと言ってたので、戻って何かあったんだ!と

そうしたら先生が「タラたん ピンピンしてるんです。病院に居るのがイヤらしく早めに迎えにきますかぁ?もうこの時間まで大丈夫だからピークは超したので、これから何かあることはないでしょう」って
お昼に電話したときも「朝と変わりないですね でも身体の中では変化起きてるとおもうけど」って言ってましたが、その後も おしっこも普通で、なんの目に見える症状がでなかったそうです。
先生「そんなに食べたら、何か症状でそうなものだけど、おしっこもいっぱい出したし、体質だったのか?」って
すぐに向かいましたが、車の中でもオイオイ泣いて もうぐちゃぐちゃの姿で迎えに行ったら、帰る用意をして待ってた タラたん 飛びついて大喜びでペロペロ 

それでも心配で先生に何度も、これから急変することはないですか?って聞いていましたが、「もう これから何かなりようがないでしょう」
そして中毒の元が身体から出てしまったら、その後心臓に影響を与えることもないそうなんです。

お休みなのに病院に先生がいてくれたこと。緊急の手術も続いて疲れていたのにいてくださった先生に感謝して、タラたんを守ってくれたすべてに感謝して、そしてタラたんの生命力にありがとう
そして自分には反省しかないです。そんなとこ届かない そんなの開けない そんな油断は絶対できないんだと・・・


DSC08924.jpg
「ミルちん ごめんね」
DSC08880.jpg
「ろくんも不安だったね」

ろくんは普段から泣き虫だけど、タラたんはあんまり泣かないのに、病院でずっと泣いてたそうです。先生が「頑固だね?」って、
去勢手術の時も いつも病院 ろくんも一緒だもんね 初めてひとりで寂しかったね


DSC06054.jpg

DSC06096.jpg

DSC06077.jpg

ワンワンでも、お出かけの時大変でも、みんな一緒じゃないとね

DSC08624.jpg

DSC08636.jpg

ずっと泣いていたから泣き疲れたのか帰って安心したようにすぐスヤスヤ寝ていました。でもごはんはバクバク食べてP1060416.jpg

DSC08848.jpg

DSC08923.jpg
「タラたん 今ここにいてくれて 本当にありがとう」







スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。